049-223-3773

MESSAGEリハビリ部門主任からの一言

  • TOP
  • リハビリ部門主任からの一言

MESSAGEリハビリ部門主任からの一言

リハビリ部門主任からの一言

きらめき訪問看護リハビリステーションのリハビリを管理しています児玉です。
当ステーションでは、自宅で生活する患者様を一緒に支援してくださるリハビリスタッフを募集中です。
在宅のリハビリに興味のある療法士さん!
私達と一緒に、患者様の在宅生活を支えていきませんか?

《今までの経験全てが活かせます》

在宅でのリハビリでは様々な疾患を目にします。軽度の変形性関節症から、脳血管障害、神経変性障害、指定難病など、全ての疾患が対象です。
在宅のリハビリの目的は自宅で「安全」な「生活」ができるようになることです。
安全に生活するのはADLを上げることはもちろん、痛みを軽減させる事も必要です。
今まで病院等で行ってきたリハビリの場が患者様のご自宅になるだけで、今のあなたの職場での経験は全て活かせます。

《初めての訪問リハビリ、でも大丈夫》

きらめき訪問看護リハビリステーションのリハビリスタッフは訪問リハビリ未経験者がほとんどです。
訪問リハビリは急変が心配、といった声を良く聞きます。当ステーションでは看護師と十分に連携をしていますので、リハビリスタッフが少しでも判断に迷ったときは看護師にその場で相談できるようになっています。
現場にいるのは自分ひとりですが、いつでも看護師や責任者に繋がるような体制になっていますのでご安心ください。

《仕事は1人で行うものではない》

当ステーションでは定期的にカンファレンスを行い、リハビリの介入方針を検討しています。
そのため、担当制ではありますが、いつでも他の職員がフォローできる体制となっています。
また、訪問看護からのリハビリ業務は看護師との連携が重要となります。
利用者様の体調変化時には看護師にいつでも相談できるようになっており、看護師が必要と判断すれば即時看護師が訪問に伺う事も可能です。
訪問の現場では1人ですが、その後ろには全職員が着いています。安心して訪問業務が行える体制を整えています。
あなたの考える訪問リハビリって、どんな仕事ですか?
訪問リハビリは簡単な仕事ではありません。
その分、やりがいも大きければ、患者様からの期待も大きいです。
一緒に多くの患者様を笑顔にしていきましょう!ぜひ、あなたの力を貸してください!

エントリーする

― 見学希望・ご質問等もこちらからお気軽にどうぞ ―

エントリーする